軽量・丈夫・デザイン性の両立した本革とナイロンのボディバッグ

 
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ
【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ

【anday/ナダヤ】本革×ナイロンの軽量ボディバッグ

6,600
(0point)

↑ ↓

SOLD OUT


 

ちょっとそこまでを、
ちょっとカッコよく。

ちょっと出かけるときに、手ぶらは困る。財布もポケットに入れたくない。 かといってサコッシュでは小さく、トートバッグとなると大きすぎるし、何より手が塞がるのが嫌だ。
こんな風に考える男性は意外と多いです。実際にアンケートを取ったから間違いない、はず。
さて、今回のバッグ。このバッグを作るにあたり、「程よく容量があれば」なんて感覚的な声を形にしてみました。
これがまた、難しかったです。感覚的だからこそ、人によっての差が大きい。 試してみるしかないな、と少しずつサイズを変えながら、このサイズに行き着きました。
だがしかし、サイズ感だけのお話で終わるなら私達はいらない。 生地だけで作れば、生地が安い分、商品もお安く作ることができます。 でも、せっかく持つからこそ、ちょっとでもお出かけをするからこそ、格好良い方がいい
革だけで作れば重たくなってしまうから、ベースは通気性も考えてナイロン生地に。 革は差し色のように入れました。ただ、革の箇所には工夫を。 革の箇所を外周など適切な位置に配置することで、バッグが型を保てるようにしています。 細かい話をすれば、革の厚みも少し厚くすることで、型の維持に貢献できるようにしています。
デザインと同時に、機能性も確保していくことで、長く良い状態のまま使えるバッグが出来上がりました。 どうぞ、この鞄に無造作に詰め込んで、お散歩やコンビニ、デートまで。 楽に使っていただければと思います。